能力評価システム支援事業 評価を通じて従業員のキャリアアップと経営理念の実現をめざします。

林野庁補助事業 能力評価システム等導入支援事業 全林協 一般社団法人 全国林業改良普及協会
評価者研修DVDのお知らせ
林業事業体のための評価者研修DVDを作成いたしました。 ご覧になる際には「模擬評価演習用ケース」および「個人ワークシート」をダウンロードしてご覧ください。
ダウンロードはこちら
能力評価システムDVD
林業の未来をつくろう DVD
役に立つ能力評価システム
能力評価システムは、林業の担い手のモチベーションや働き甲斐を高め、林業事業体の経営力の強化に大きな役割を果たします。
■お問合せ先
全国林業改良普及協会
能力評価システム統括事務局
TEL:03-3583-8461
H30年度 能力評価システム導入支援事業 説明会
令和元年度説明会の開催を、
紹介しています

能力評価システム導入事例集
能力評価システムを導入した事業体の事例を紹介しています。
ダウンロードはこちら
能力評価システム導入ガイドブック
能力評価システム事業をわかりやすく紹介しています。
ダウンロードはこちら
現場技能者・現場管理者 評価マニュアル
林業の現場技能者及び現場管理者の能力を客観的に評価できるマニュアル、各種評価シートを紹介しています。
ダウンロードはこちら
関連サイト
林野庁
全国森林組合連合会
全国林業改良普及協会

事業の特徴
■活力ある林業経営体の経営は「人」「人材」が生み出します。期待する人材を確保、育成及び活用するためには能力評価システムの整備が重要な経営課題です。
■成長する林業経営体を目指すためには、従業員の働く意欲の向上、働きやすい、働きがいのある職場環境づくり、従業員の能力を最大に発揮できる能力開発、人材育成が重要といえます。
■能力評価システムは、従業員一人ひとりの行動、能力、業績を適正に評価し、従業員の働く意欲の向上、職場への定着、従業員のスキルアップ、経営理念・方針の共有・実現、業績の向上等を目指す仕組みです。
■その仕組みとは、従業員一人ひとりのできていることを認め、できてほしいことをきちんと伝えるようにするだけです。能力評価システムはこれらを実現する仕組みです。
林業事業体の導入の推移
能力評価システム導入支援事業は、平成25年度から実施して、導入事業体は毎年着実に増加し、現在全国145事業体(民間事業体74事業体、森林組合等71事業体)で導入しています。
(注)森林組合等には、木材協同組合、企業組合、森林組合連合会を含む。
能力評価システムの活用状況
現在全国で145事業体が能力評価システムを導入し、従業員の客観的な評価に基づく公正かつ公平な処遇、能力開発、働く意欲の向上などに取組んでいます。導入事業体では以下のとおり能力評価システムを活用しています。
■能力評価システムの活用状況(平成30年度調査結果より抜粋)
能力評価システムの導入効果
能力評価システムが職場に定着し、導入効果が表れるまで一定の時間を要しますが、継続して取り組むことにより、確実に導入効果が表れます。導入事業体に導入効果をアンケート調査したところ、主に以下の導入効果が報告されています。



事業の特徴 | 導入の流れ | 説明会・評価者研修のご案内 | Q&A | お問合せ

個人情報保護方針 | トップページ
Copyright(C) ringyou-hyouka.jp All rights reserved.